ID-Blogger

組織の中で心を病んだら

専門学校の講師を辞めてから1年以上が過ぎました。
今でも当時の教え子達は遊びやお食事、飲み会なんかに頻繁に誘ってくれるので、事務所は学校の延長線上的な存在になってしまいました。
だからといってイヤな事はこれっぽっちもなくて、むしろ私くらいの年齢になって、こんな若い友人たちができる機会はなかなかナイので、こういったチャンスに恵まれてすごく感謝していますw

学校から巣立って、みんなが「学生」から「社会人」という存在になると、話題はお仕事に関する事が増えてくるのも当然です。そんな話題にも学生時代とは違った悩みの相談なんかも出てくるもので、「もう行きたくない?!!」なんて愚痴っぽいのもチラホラ。
最初は今時の(いや昔からある)若者特有?の「働きたくない症候群」か?ぐらいに思っていたのですが、中には時が過ぎるにつれて顔色も悪くなり、なんとなく無表情になって来た子もいて、素人目にも「おい、軽くうつ病なんじゃないのか?」と心配したくなる程でした。
思い返してみると、「会社」という組織で心を病んだ知り合いの話もチラホラと思い出されます。

そんな折、東洋経済オンラインマガジンで面白い記事を発見しました。
そのもズバリ「会社で心を病む」という内容です。

松崎一葉さんという筑波大学の社会医学系助教授(准教授?)が書かれた記事なんですが、実際の事例を交えてメンタルヘルスについてやさしく解説されています。


まあザックリいうと「うつ病」という事なんでしょうが、失礼ながら面白い事例がありました。自分でうつ病と思い込んで会社をサボってしまうような「回避性・自己愛性人格障害による現代型うつ病」というものです。


仕事をしたくない「単なる怠け者」

普通は病気にかかると仕事能率が落ちてしまい、他の人よりも時間がかかるので「頑張らなきゃ!」と思い無理を重ねてしまうようです。
ついに無理がたたって会社を休まざるおえない状況になってしまうと、「みんなに迷惑をかけてしまった...」と完治する前に会社に行かなければならない激しい責任感にかられる。
それが結果的にうつ病になってしまうんですね。
執着気質・度を超して几帳面な人がかかりやすいようです。

しかし「回避性・自己愛性人格障害」は逆のパターンで、社会性が育っていなかったり、責任感がないために組織になじめず、仕事がこなせない。その結果として自分を「うつ病」にして逃げ込んでしまうというものです。
従来型のうつ病患者にこういうタイプはなく、実際に「うつ病」と診断されるような方はみな責任感が強く、まじめな人が多いので、休職することに引け目を感じ、早く職場復帰したいと願っているそうです。
リハビリを兼ねて外出したりすることはあっても、会社を休んで喜々として遊びまわったりなどしないそうですw

前述した「もう行きたくない?!!」なんて言ってるのは「回避性・自己愛性人格障害」のパターンじゃないか!と思ったのですが、実際問題としてそんな単純じゃないようです。
どうやら本人に問題があるのではなくて、中間管理職を主としたいわゆる「上司」に問題がある場合があるようです。


部下を潰す本末転倒な「上司」という存在

同じ「自己愛性人格障害者」でも能力が高くて仕事ができるタイプの人は、本人ではなく部下を「うつ病」にしてしまう場合があるようです。

独断的で部下の話を一切聞かず、気に入らないことがあると怒鳴り散らす。ミスを発見すると鬼の首をとったように叱りつけ、30分以上もネチネチと文句を言う。そのくせ部下が良い仕事をしても褒める事は一切ナシ。
何しろ仕事はできるので、上層部からは一目をおかれる存在ですが、部下からみたらたまったものじゃありません!

こういった方は幼少時代に親から十分な愛情を受けられず、自己肯定感が低いために「自己愛性人格障害」に陥りやすくなるそうです。自己肯定感が低いと、自分に自信が持てない変わりに他人からの評価に敏感で、上昇志向が高くなる事が原因だと解説されていました。
また他人からの評価を得るために必死になって昇進をめざしますが、人間的に未成熟でコミュニケーション能力が低いため、部下を育てることができないどころか部下をつぶしてしまう...
これはまた本末転倒ですねw
前述の「もう行きたくない?!!」の話はまさにこのパターンでした。

実は私が以前在籍していた会社の上司もまったく同じパターンで、理不尽な理由で2、3時間怒鳴りっぱなしなんてのはざら。おかげで次々と先輩たちが辞めていきました。当然のように矛先は私にも向けられ...
今思えばあの凄まじくゲンナリした気分は軽いうつ病だったのかもしれませんw
でも当時はそれを乗り越える事ができました。

それなりに乗り越える方法というのはあるものです!


部下を潰す「上司」はスルーしちゃう

当時実践したのはとにかく右から左へスルーするという事です。
上司は怒っているのでしょうが、重要な点は聞いておいて、あとは「ハイ...ハイ...」と返事だけしておく。どうせ1分で終わる内容をメチャクチャに引き伸ばして繰り返しているだけなので、結果的にはまったく問題ありません。

根本的な解決方法ではないのですが、「会社で心を病む」の記事でも提案されている解決法は『怒鳴られても「この人は他人を認められない気の毒な人なのだ」と受容すれば腹も立たないでしょう。』というモノでした。
悩んで自分で解決しましたが、あながちハズレでもなかったようですw


病んだ組織を見て「自分」を見直す

二人以上が集まればそれは立派な組織です。
特に仕事に従事するにあたって、部下を動かす立場にある方は「メンタルヘルス」について常に意識していく必要があるでしょう。
次々に部下が辞めていくのを見て「あいつらはなっとらん!」と怒る前に、冷静になって自分を見直すのも、社長からバイトリーダーにいたるまで「上司」という立場の人間にとっては重要な仕事の一部といえるかもしれません。

まあいろいろ書いてきたのですが、実際問題として「メンタルヘルス」という分野は非常に多岐にわたるようです。Wikipediaでもこんなにありました!
私は当然専門家ではありませんので、「ひょっとして...」と思う方は専門医にご相談くださいwww

コメント(2)

こんにちは。興味深い話でした。

ほーんと現代のサラリーマンは多かれ少なかれ
色んなストレスを抱えながら仕事をしていますよ。

職場を見渡せばいるいる、クラッシャーが・・・・。

そんなクラッシャーの下では、
若くて可能性をもった人材も
力を発揮できない上、育たない。

部下のヤル気はみるみる減退し、
やがて表情は無表情に。

ここでスルー出来る器用人は
手加減を覚え、仕事をそこそこに。
不器用な人は心を病むようになり休業。

クラッシャーは会社の大いなる負の遺産だ・・・。

社長は大丈夫かな?

>takaさん

コメントありがとうございます。
ウチは…たぶん大丈夫なハズですw
大事なのは上司も部下も含めて、他人に左右され過ぎない、確固たる意思を各自が持つ事だと思います。
スルーと手抜きは一緒にしちゃダメですよ!

P.S
takaさんの前職の会社から営業のお電話をいただきましたw
いろんな意味で感慨深いものがありますが…
顧客管理してないんですかね??