ID-Blogger

Androidアプリ開発入門(1)~SDKのインストール

Android OSがバージョンアップしてAndroid 2.3 Gingerbreadが発表になりました。
Androidアプリ開発を始めるにはいろいろ下準備が必要になりますので、これを機にAndroidアプリ開発を始めるまでの入門編的なものを備忘録としてまとめておこうと思い立ちましたw

iPhoneアプリ開発の場合はIntel Macじゃないと出来ないという縛りがありますが、Androidアプリ開発の場合はそういった条件がかなり緩いので、遊び感覚で始める事もできるかな~と思います。
ちなみに開発環境の条件はこんな感じです。

  • Windows XP(32bit)・Windows Vista(32bit/64bit)・Windows 7(32bit/64bit)
  • Mac OS X 10.5.8 以上(Intel Macのみ)
  • Linux
    • Ubuntu 10.04以降(64bit版の場合32bitアプリケーション起動可能な環境)
    • GNU(glibc 2.11以降必要)

という事で長いので複数記事に分けて、Windows Vista 32bit版の場合での開発環境の構築からAndroidアプリ開発までの流れを解説していきたいと思います。

Android SDKのダウンロード

まずはAndroidアプリ開発に必須のAndroid SDK(Software Development Kit/ソフトウェア開発キット)をインストールする必要があります。

Android SDKのダウンロード

Android SDKのダウンロードページにアクセスし、Windows版のSDKインストーラー(現時点ではinstaller_r08-windows.exe)のダウンロードリンクをクリックします。

zip形式の圧縮ファイルとexe形式のインストーラーがありますがインストーラーの方が推奨されていますので、以下の記事はインストーラーを使った場合の内容になりますのでご注意ください。

Android SDKのインストール

ダウンロードしたSDKインストーラー(exe)からインストールします。
ウィザード形式でインストールしていくので基本的には次々クリックしていくだけです。

Android SDKのインストール01

ダウンロードした「installer_r08-windows.exe」を起動するとインストールウィザードが始まります。
「Next >」をクリック。

Android SDKのインストール02

JDK(Java Development Kit/Java開発キット)の確認画面が出ます。
AndroidアプリはJavaで開発するのでJDKが必須です。インストールについては後々解説しますが、私の場合は既にJDK1.6がインストール済みでしたので画面には「Java SE Development Kit (JDK) version 1.6 has been found.」のメッセージが出ています。

問題なければ「Next >」をクリック。

Android SDKのインストール03

Android SDKをインストールするディレクトリを決定します。
通常は「C:\Program Files\Android\android-sdk-windows」に(\は半角¥ですよ)なっていると思います。任意に選択してください。

問題なければ「Next >」をクリック。

Android SDKのインストール04

スタートメニューのディレクトリ名を決めます。
通常は「Android SDK Tools」になっていると思います。任意に選択してください。

問題なければ「Install」をクリック。

Android SDKのインストール05

Android SDKのインストールが始まります。「Completed」と表示されたらインストール作業の完了です。

問題なければ「Next >」をクリック。

Android SDKのインストール06

これでAndroid SDKのインストールは終了です。

引き続きSDKに組み込むAndroidのバージョン選択などを行えますので、そのまま作業を続行しましょう。
「Start SDK Manager」にチェックを入れて「Finish」をクリックします。

Android SDKとAVD Managerにパッケージの追加

Android SDKのインストールが完了したら、Android SDKとAVD(Android Visual Device) Managerに開発を行うAndroidの各バージョンのパッケージを追加します。
AVDについては後々改めて解説をしたいと思います。

Android SDKのインストール07

初期状態ではAndroid SDK Toolsしかインストールされていません。

Android SDKのインストール08

開発を行いたいAndroidのバージョンに該当するパッケージを選択します。

基本的に全てインストールする方がオススメですが、1.xなどの古いバージョンは開発対象ではないので余分なものは入れたくない方などは、不要なパッケージを外してください。

選択が完了したら「Install」をクリック。

Android SDKのインストール09

パッケージのインストールが始まります。

Android SDKのインストール10

パッケージのインストール中にADB(Android Debug Bridge)の再起動を求められるので当然「Yes」をクリック。

Android SDKのインストール11

パッケージのインストールが完了すると、インストール済みパッケージ一覧に追加されているはずです。「Done...」の表示が出たらウィンドウは閉じてしまって構いません。

Android SDKのインストール12

以上でAndroid SDKのインストール作業は完了です。

この後さらにWindowsにSDKのパスを設定する作業などが続きます。