ID-Blogger

2011東日本大震災で感じたこと

2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震は地震のみをさすみたいですね)から早2ヶ月。
一気に生活が変わってしまいなかなかブログを更新しておりませんでしたが、やっと気持ちの切り換えができてきたので自分なりにまとめを書き残しておこうと思います。

Twitterやmixiなどソーシャルメディア大活躍

震災直後、一番最初に困ったのは携帯電話の回線がパンクしたため通話もメールもほとんど使い物にならなかった事です。まずは親族や友人、知人の安否を確認したかったのですが、考えることはみんな一緒なのでパンクして当然ですね...
そんな最中でも3G回線は生きていたので唯一使えた連絡手段はTwittermixiなどソーシャルメディアでした。

特にTwitterは震災を機に始めたという人が多い事からも分かるとおり、あらゆる面で絶大なパワーを発揮しました。
同じくTwitterやってる知り合いの生存確認ができたり、炊き出しからインフラの復旧状況まで最速であらゆる情報を取得・発信できました。

ソーシャルメディアではデマ情報も多かったのですが、同時にデマを打ち消す情報も早く、デメリット以上にメリットが大きかったです。
これを機会に皆さんがもっと活用する方向に進んでくれればと内心思ってます。

スマートフォンの優位性

前述の通り3G回線は生きていたので通話手段としてSkypeTangoといったスマートフォンで使えるVoIP系のアプリが使えたのも大きかったです。
通常の通話回線を使わないでネット回線で通話ができるので、携帯キャリアの回線がパンクしていても無関係に通話することが可能です。

残念ながら今回の震災時には登録している知り合いがまだ少なかったので活用には程遠い状態でしたが、この機会にインストールするように薦めています。

シガーソケットAC電源も大活躍

そんなこんなでスマートフォンを使いまくっていたのですが、インフラが完全に吹き飛んだ状況で停電のため充電もできず。見る見るうちに減っていくバッテリー...
自分の場合は幸いシガーソケットからAC電源を取り出せるインバーターを持っていたので、車を移動発電所にして知り合い先の携帯電話や携帯ゲーム機などを充電してまわれました。

よくあるシガーソケット携帯電話充電器と違って、普通の100Vコンセントを挿せるのであらゆる機器に電源供給できるのがミソです。その気になれば炊飯器でご飯も炊けるかもしれませんw

さすがに同じものはもう販売されていませんが、セルスター(CELLSTAR) パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12Vあたりが近い商品になるかと思います。

余談ですが停電になった初日の星空の美しさは筆舌に尽くし難いものがあり、いろんな意味で思い出に残る一夜になりました...

写真や動画など記録を残すことの重要性

今までブログを書いてきて身にしみて実感している事ですが、些細なことでも記録に残しておくことで誰かの役に立つ事がままあります。
今回の震災は比べようもないほど大きな事件だった事もあってか、その反響は予想もしなかったような展開をもたらしました。

父の仕事の関係で震災3日目で仙台新港の被害状況を確認しに行く事になり、その時に上記の動画を撮影してYouTubeに公開しました。
実はこの動画を公開してすぐに海外在住の方から「仙台に住んでいる親戚を探してもらえないか?」とYouTube経由でメールが入りました。

詳しく聞くと海外では震災全体の被害についての報道はあるが、仙台の状況など細かな情報が皆無でどうしたらいいのかわからず、居ても立ってもいられずメールしたとの事でした。
まったく知らない方でしたが可能な限りのお手伝いを約束。海外ではまだ情報がないであろう、Googleパーソンファインダーや震災初期に乱立した地域情報のサイトなどをお教えしました。

結果的にはこちらが探すより先に避難していた親戚の方と連絡が取れたとの事でお役には立てなかったのですが、海外の報道ではローカル情報は入らず、ネットの個人メディアの方が有効なパワーを持っているというのを実感しました 。

2011東北地方太平洋地震@仙台新港付近

同じく写真はFlickrに公開したのですが、こちらも予想外の展開がありました。

公開した写真を使わせてくれないかとFlickr経由で海外からメッセージ来たので気軽にイイよ!と返したら実は国際ニュース・プロジェクトのWorldCrunchからで、津波に関する「Japan: Scenes Of Devastation And The Silence Of The Missing」という記事の報道写真として使われました。

世界には自分が想像だにしないニーズが存在し、「記録を残す」という誰にでもできる行為で世界に貢献する事が可能だというのを改めて実感いたしました。

人との関係を大切にする事

東京から @yosuke_kato さんが送ってくれた物資受けとりました!あと @EDiOK さんの荷物もちゃんと載せましたよ!

震災の日から1ヶ月近く、ほぼ毎日誰か会いに来てくれたりメールやら電話やらくれたり、みんなで分担して買出しに並んだり遊びまくったり。
また東京の知り合いも援助物資送ってくれたりして助かりました。

亡くなった方も大勢いらっしゃいましたが、幸いにも生きているみんなが集まってくれて全然寂しさを感じませんでした。

月並みな話になりますが、今回の震災で人との関係の大切さを痛感しました。